効果的な施術法

注射器

様々な用途で使用

色々な目的として使用されているボトックス注射ですが、注入部位によっては効果の持続期間や注入量が異なりますので注意しなければなりません。治療を受ける際には信頼できる医師の元、行いましょう。ボトックス注射が有名なクリニックは数多くあります。ほとんどの美容外科で行われている治療方法ですが、その効果は注入する箇所によって異なります。例えばしわが目立つ部分に注入すれば若返り効果が期待できます。表情筋の動きによってしわが生じることがありますが、筋肉が原因で現れているしわに関しては高い効果を生み出すのです。逆に水分不足などで現れるしわやたるみに関してはボトックスよりもヒアルロン酸の方が効果的です。小顔になりたいときにはエラ部分に注入すれば咬筋を細くする効果が期待できます。その結果、エラ部分が目立たなくなって小顔効果が期待できるのです。また、足痩せにも有効です。筋肉太りが原因で足が太く見える場合にボトックス注射を利用すれば、筋肉自体を細くすることが出来ますので、ダイエットでも叶わなかった足痩せが実現できるという訳です。用途に合わせて取り入れることが出来るボトックスは短時間で施術も完了するので多くの人に愛されている治療法のひとつです。初心者でも取り入れやすい整形のひとつにボトックス注射があります。ボツリヌス菌から抽出した成分なのですが、医療目的でも使用されている安全性の高い成分です。筋肉を委縮、弛緩させる効果が期待できますので、その作用を利用して美容効果を齎します。まず、ボトックス注射の効果を持続させるためには定期的に注入を繰り返す必要があります。注入する部分によっても効果の持続が異なりますが、大体半年程度で効果がなくなるとされています。状態を維持させるためには三か月から半年に一度程度メンテナンスをすると良いでしょう。小顔目的で行う場合は咬筋部分に注入するのですが、この場合は五回程度注入を繰り返せばかなり定着率が高くなると言われていますので、メンテナンスを繰り返さなくても半永久的に持続するケースもあります。個人差にもよりますから、ボトックス注射を行う場合は医師のカウンセリングに従ってメンテナンスを行いましょう。過度に注入すると筋肉がマヒしてしまう可能性もないとは言い切れませんので注意してください。ボトックス注射をうまく取り入れることによって若々しい印象を継続して保つことができます。手軽に行える美容整形でもありますので年々需要が高まりつつあります。