ちょっとの治療で長い効果

注射器

極細針で注射をするだけで、エラの張りが落ち着いて小顔になれるうえ、後戻りできる安心感も相まり、ボトックスの小顔治療が好評です。美容外科を選ぶ時は医師の技量やカウンセリングの充実性に着目するほか、費用を比べる時は見積もり額を基準にしましょう。

詳しく見る

特徴を理解して適切な施術

看護婦

ボトックス注射は医療用のボツリヌスを注射して、しわやたるみや毛穴の開きなどを改善できます。切らないでいいので負担が少なく、気になる場所だけでも対応できるので年齢性別問わず無駄なく施術できます。効果は注射後3日後くらいから実感できます。

詳しく見る

人気の美容整形の治療

顔に触れる女性

ボトックス注射は筋肉の働きを止める作用があるので、シワやシミの抑制に有効です。多くの美容整形で行われている治療で、安全性が高い施術です。注射による美容施術なので、治療を受けた当日から普通の生活ができます。

詳しく見る

効果的な施術法

注射器

ボトックス注射はどこに注入するかによって得られる効果が変わってきます。若返り目的で行う場合もありますし、小顔や足痩せなどの痩身目的で使用されることもあります。個人によってメンテナンスの間隔や注入量が変わってきます。

詳しく見る

額のシワを解消する

女性

消えないシワの解消に有効

おでこに入った深いシワ、いくらスキンケアやマッサージをしても解消されない・・という悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。シワの中には保湿をしっかり行えば目立たなくなるタイプと、ケアをどれだけ行ったとしても薄くならないタイプがあります。おでこにできるのは表情筋を動かすクセでできるいわゆる表情じわという、ケアをしても消えないタイプが多いようです。このタイプのシワを解消するためには、美容外科クリニックでの美容整形を受けるというのが、1番有効な方法となっています。数ある美容整形の中でもおでこの表情じわに効果的と言われているのが、メスを使わないプチ整形のボトックス注射です。ボトックス注射は筋肉の動きを弱める作用があり、人工的に表情筋の動きを抑制するという働きを発揮します。おでこのシワは目を見開く・眉毛を上げるといった動きをする筋肉を過剰に使うことで、深い横じわが入るのが原因です。このような表情筋のクセを持つ人がおでこ部分にボトックス注射を行うと、自然と動きが弱められシワを薄くすることができるのです。おでこは顔の大部分を占めるパーツで人目につきやすく、この部分に深いシワができてしまうと一気に老け込みます。さらに、不機嫌そうな印象を持たれてしまうこともあるため、若返りと表情を柔らかくするためにボトックス注射を利用する人が増えています。おでこなどにできやすい表情じわの改善にボトックス注射を受けたいと考えている人は、まず各クリニックが使用しているボツリヌス製剤の種類を確認する準備を行いましょう。ボトックス注射ではボツリヌス菌という菌から作られた薬剤を使用しますが、各クリニックでこの薬剤を製造しているメーカーが異なります。ボツリヌス製剤はメーカー・製造国が異なるいくつかの種類があり、その中で日本の厚生労働省が認可しているものは1種類のみです。厚生労働省が認めたボツリヌス製剤は品質・安全性共に優れているので、安心してボトックス注射を受けられる1つの目安となります。クリニックによっては厚生労働省未認可の安いボツリヌス製剤を使っていることもあるので、ボトックス注射を受ける前の下準備として、薬剤の種類を確認することは必須です。あまりに施術の費用が安すぎるクリニックは、厚生労働省が認めていない薬剤を使っている可能性があります。平均的な相場よりも料金がかなりリーズナブルなクリニックの場合、カウンセリングでどのような薬剤を使っているのか必ず聞くようにしましょう。多くの美容外科クリニックはカウンセリングのみであれば、無料で行っているケースがほとんどですので、カウンセリングを受けて薬剤の種類を確認してみると良いでしょう。